「いざ、宵キャス。」2016/11/15

 

ちゃちゃさんの雪見だいふくイラストに、詩歌を募集しました。集まった3作品を、2016/11/15のツイキャス「いざ、宵キャス。」にて紹介しました。お寄せいただいた詩歌です。

 

 

img_5859

 

 

十六夜の酔いにまかせてもちもちの君を食べたい月見だいふく

ひぞのゆうこ

 

ふくもちらが
ゆきみのなかからでてきたよ
「そとはさむそうかい?」
あいすのくせに
こたつをこのむいきものらしい

こひもともひこ

 

ゆったり まったり はまったり
きみとの ひみつの かくれがの
みんと あっぽーみんと あぱーとめんと
だから からから からだから
いかしたかおり ぷんぷんさせたり
ふれんちまなー ちゃちゃのままー
くんず ほぐれず べすとふれんず

天野行雄

 

img_5859

 

ちゃちゃ&とよよんコラボ

 

img_5827

 

img_5828

 

img_5834

 

いつみてもちゃちゃねこかわいい。

 

朗読

最後に田中宏輔さんの、月夜にふさわしい美しい詩を三編と、自作の傘の詩歌を交えて朗読しました。

田中宏輔「水面に浮かぶ果実のように」「白線」「カサのなか」

とよよん「相合傘

時間があったのでおまけ:田中宏輔「陽の埋葬」(陽の埋葬シリーズで一番好きな詩です。これが一番、月夜っぽいです)

 

ライブ履歴はこちら➡︎「いざ、宵キャス。」第二夜

イラスト:ちゃちゃ

感想やメッセージなど