文学フリマ初参加

9/18は大阪の文学フリマに行ってきました。

楽詩ブースの様子(楽詩サイトにとびます)

文学フリマというものに行くこと自体初めてだったので、勝手がわからず、かなり右往左往しましたが、こひもともひこさんがさくさく設営してくださり、なんとか開場にブースの準備が間に合いました。

コミケのようなものを想像していたのですが、もっと静かな雰囲気で、お客さんがどっと来るようなところもなく、のんびりと静かで、店番の方も本を読んだり、スマホを確認したりというような感じでした。

見本コーナーでじっくりと品定めしている方が多く、真剣さにあふれていました。出展も成人向けのものから文学度の高いものまでさまざまで、来場の年齢層も幅広かったです。

ブースには楽詩作者のみなさんが挨拶に来てくださったり、ファンの方もかけつけてくだって、賑やかで楽詩い一日でした。

帰りがけに梅田で曽根崎ドッグなるものを食べました。

居酒屋「本陣」で出てきた曽根崎ドッグ
居酒屋「本陣」で出てきた曽根崎ドッグ

中がたこ焼きで、外側がアメリカンドッグでした。ボリューム感があって、こなもん×こなもんが大阪らしいなあと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA