海辺にて

ずっと気づかないふりをしていた
あなたがこれほどまでに流した涙を
私は泳がねばならない

波がさらうあの日の誓いを
何度も書き直す努力もせず
ただあなたを責めるばかりだったこと

絹更ミハル

倖せになるために
それぞれが大切にする
幸せの鍵を海に返す
錆びていくことも知らず
航海する 旅の終わりに
どんな姿になっていても
また 見つけられるのかな
潮風のにおいが
かわらないように 私達も

サトウアツコ
Illustration by 3.14%

2 thoughts on “海辺にて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA